チョコ好きママのぼやき節

日ごろの思いをしたためます。

幼児の階段落下防止のためにベビーゲートは必要!?簡単レビュー!

そもそもベビーゲートとは?

バルコニーや浴槽やキッチン、階段など赤ちゃんや子供を危険から守ってくれるものです(*´꒳`*)
f:id:chocomoko:20180120163233j:image

ずっと見ていてあげたいけど、ついご飯の支度や掃除などしてる時は、目を離してしまいますよね?

そんな時は、やっぱりゲートがあると安心できます。

 

ベビーゲートの種類

  • ネジやビスで固定出来るタイプ
  • 突っ張り棒タイプ
  • 置くだけのフェンスタイプ

 

色々種類はありますが、用途や部屋の構造によって使い分ける必要がありますね。

 

我が家はとにかく気になって仕方なかったのが、2階リビングの階段でした。廊下がなく部屋に階段がある感じなのです。

 

子供は、

とにかく、よく走ります(>_<)

そして、よく転びます(>_<)

床がフローリングだとタオルや本を踏んで滑って転びます。靴下でも滑ってます。

 

テレビに夢中になりながらも歩くので、そのまま階段から落ちてしまうのではないかと、ハラハラしていました。 

 幸い、階段から落ちるという事故はまだ起きていませんが、いつ起きてもおかしくないですよね。

 

ちなみに、うちの母は幼少期にやはり家の階段から落ちたらしく、今でも鼻の上に痛々しい傷が残っています(>_<)

それを見ると、早く取り付けなければとつくづく思います。

 

今回はとりあえずよく遊び回る2階にしました。

 

早速見てみると、ベビーゲートにも種類がたくさんあるんですね。

用途によっては、ペット用にと言う人もいるでしょうし、キッチンの間仕切りにと言う人も多そうですよね。

 

うちは階段の上に設置したいので、まず注目する点は、突っ張り式は避けたいですね。

ハイハイの子や2、3歳の子が寄りかかったら、ちょっと想像するだけで、怖いです(>_<)

14キロ近くの子供の力でもビクともしないものが欲しいです。

 

今回探した時に注意したポイント

  • ネジやビスで固定出来るもの
  • なるべく簡単に開閉出来るもの
  • 家のフローリングに合わせて木製タイプのもの
  • 階段上に設置出来るもの
  • 開閉の向き(部屋から階段側へは開かない)

 

意外と階段上に設置不可と書いてあるゲートも、多かったので、購入の際に気をつけたほうが良いです。

 

階段の幅も、だいたいは設置可能ですが、中にはエクステンションを付けて、家の間取りに合わせないといけないものもあるので、特に幅が広い場所に取り付ける場合はサイズに注意ですね。

 

 

そして、今回購入したのは、こちらです。

f:id:chocomoko:20180106091657j:image

うちの階段の幅は77センチです。

側面に手すりがついているのですが、だいたい手すりとの余白か5センチぐらいです。

設置出来るか不安でしたが、全然問題なかったです。

f:id:chocomoko:20180106091701j:image

 

Amazonでも同じ商品がありましたが、意外にもよくある赤ちゃん専門店の方が安く購入出来ました^^^

 

実際使用してみた感想としては、子供の落下を心配しなくて良いので、本当に買って良かったと思います。

ただ、ゲートの開閉の際には音が結構カチッとするので、何回も行ったり来たりしていると、うるさいなぁと感じる人もいそうです。

 

あとは、下の部分が結構床から上がるので、下りる際にはつまずきに注意です。

f:id:chocomoko:20180106092450j:image

 

ゲートは90度開いた状態にしておく事も可能でした。

f:id:chocomoko:20180106092305j:image

 

今のところはまぁ満足と言ったところでしょうか。

 

階段だけではなく、大人には気づかないけど、子供には危険な場所が色々存在しますので、ぜひ参考になればと思います^^