チョコ好きママのぼやき節

日ごろの思いをしたためます。

妊娠高血圧からの帝王切開! 帝王切開と決まれば出産まであっという間でした。

やっぱり妊娠高血圧からの緊急出産・・・

前回の記事の最後に予想していましたが、やはり私の感は当っておりまして、

帝王切開となってしまいました。

f:id:chocomoko:20180817062442j:plain

という訳で出産からしばらく経ってしまったのですが、 

帝王切開当日の状況を思い出しながら書きたいと思います。

 

帝王切開の説明を受けたのは、妊娠高血圧で夜に即入院となった翌日の朝一です。

 

8時ごろ

いきなりです。

「12時半頃には手術したいから、今すぐご主人呼べるかな」

って当然言われ、

まぁ呼べるっちゃ呼べるけど、今すぐは、ちょっと・・・

今日は、上の子の幼稚園の運動会っていう。。。なんというタイミングの悪さ(;ω;)

 

先生に事情を説明して、何とか主人の到着時間を11時半に伸ばしてもらいました。

 

その後は、上の子は年少さんっていう事もあり、運良く午前の早い時間で、出番も終わり、後は祖母に預けて、何とか主人が病院に到着しました。

 

お昼ご飯は、娘(上の子)と祖母の2人。

ちょっとかわいそうです(´;Д;`)

 

再度、先生の方から帝王切開の説明を主人にしてもらいましたが、

よくよく聞くといろんなリスクがあるんだと思い、怖くなってきたのを覚えています。

何にもないといいなー。

 

12時30分ごろ

ここまで一切飲み食いもせず、やっと分娩室へ。

お腹は横切りとの事なのですが、朝一に剃毛はしてある状態です。

 

帝王切開は出産というよりは・・・

ここからしばらくは先生や看護師さんと一緒に話したり、麻酔準備したり色々見てましたが、前回、上の子を出産した時のような雰囲気から一転、ブルーシートだらけで、

あぁ本当に手術するんだなと、、、

 

唯一救われたのは、ずっと手を握ってくれていた看護師さんの優しさです。

 

もうガチャガチャ器具の音しかしない。

もっと遅くに呼んでくれても良かったんじゃないかと思うぐらいです。

 

いざ分娩開始 

出産自体は45分と記録されていました。

途中血圧が下がりすぎて、頭が痛くなったりもしましたが、麻酔といっても下半身だけなので、先生に話すとすぐ何かを注入され処置してもらえました。

ある意味頭痛がすぐ治るって怖いですけどね。

 

産んだ実感が・・・

上の子の時は通常分娩だったので、産まれてすぐ抱っこ出来たのですが、帝王切開のせいか、すぐどこかに連れていかれてしまい、

(実はこのとき、主人が赤ちゃんを先に抱っこさせてもらっていました。)

 初めての帝王切開は何だかあっという間に終わり、産んだ実感もなかったです。

 

それでも、

「元気な女の子ですよ」

って言われれば自然と涙もでましたが、まだ手術中でしたし、肝心の赤ちゃんもいなかったので、我慢しました(T ^ T)

 

その後は、想像以上に麻酔の切れた後の痛みと戦い、家族にも面会に来てもらいましたが、まったく話せなくなり帰ってもらいました。

 

そして出産翌日

そして翌日には歩行開始。

結構スパルタなんですね。びっくりしました。

とにかく痛すぎて、トイレに行くのが辛い!

点滴ぶら下げてる棒に、掴まりながら毎回悲鳴あげながらトイレ行ってました。

ここまでくると水分取るのも嫌になります。

けれど母子同室を推奨しつつも、日中も夜間も預かってくれると言う助産師さんには、とても助けられました。

 

赤ちゃんはというと、帝王切開のせいか呼吸に乱れがあり、1日保育器に入りましたが翌日には出れたようです。

うんちが出なかったようで、浣腸されてました(笑)

 

あと、上の子の場合は新生児黄疸が出て1日光線治療したり、心雑音があったりと色々心配事もありましたが、今回は大丈夫でした!

 

黄疸が出ると、あんな小さい身体で裸にアイマスクされて治療受けるのですが、そんな姿をみると、不安になり泣きそうになります。。

実際上の子の時はベッドで泣きました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

そして私の血圧は

出産した日は順調だったのですが、翌日からジワジワと上がり、なんと160近くまで上がってしまったので、降圧剤を服用しました。

母乳に影響はないらしいので。

 

しかし一錠では効かず、退院前には二錠に増えたりして不安でしたが、退院後も1週間飲んだあとは正常血圧に戻ってましたよ。

もちろん今も大丈夫です!

 

こんな感じで、ドタバタな出産でしたが、やっぱり帝王切開は術後が痛い!

その一言に尽きますね。。

 

なかなか理想通りの出産はできないんだと、痛感しました。

 

これは私の一例ですが、

これから出産の控えている方の参考になればうれしいです。